日本私法学会 Japan Association of Private Law
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 本学会の概要 活動・大会 出版物 手続・会費
活動・大会
ホーム 活動・大会
日本私法学会第84回(2021年度)大会のお知らせ
日本私法学会第84回(2021年度)大会は、下記のとおり開催されることになりましたので、お知らせいたします。
期日:2021年10月9日(土)・10日(日)
開催方法:オンライン開催
大会会報・資料
第84回大会の会報(大会プログラム)と資料は以下からダウンロードしてください。
 
第84回大会会報
第84回大会資料
 
 
大会次第
I 個別報告(10月9日 9時00分〜17時30分)
(1)第1部会(民法部会)
ア「委任契約における受任者の指図遵守義務
      ――弁護士との委任契約における依頼者の指示を中心に」
  信州大学准教授 栗田 晶
イ「契約責任決定規範の多元性
      ――アメリカ契約法におけるfault の発見を端緒として」
  富山大学講師 木戸 茜
ウ「人格権の処分についての本人の承諾の法的意義
      ――フランス法との比較法的考察」
  金沢大学専任講師 石尾 智久
エ「事実的基礎としての意思とその法的構成
      ――サレイユ民法学における法学的なもの」
  東北大学准教授 池田 悠太
オ「ドイツ売買論の現在――判例・学説・立法の三位一体」
  千葉大学教授 田中 宏治
(2)第2部会(民法部会)
ア「フランスにおける信託的補充指定の歴史的考察」
  神戸学院大学准教授 足立 公志朗
イ「フランスにおける共有物の使用及び管理に関する規律の形成」
  名古屋大学准教授 佐藤 康紀
ウ「時効援用権の理論構成に関する比較法的検討
      ――フランス法における《ayant cause》概念の意義に照らして」
  岡山大学専任講師 嶋津  元
エ「肖像の商業的利用を目的とする契約の規律」
  関西大学准教授 隈元 利佳
オ「債権関係における当事者の交代と旧当事者間における契約の効力
      ――債権譲渡を中心として」
  名古屋学院大学准教授 山岡  航
カ「費用賠償の二元的構造と遅滞責任」
  中京大学准教授 上田 貴彦
(3)第3部会(商法部会)
ア「株主代表訴訟の終了制度」
  東京都立大学准教授 顧 丹丹
イ「中国における親会社の支配力行使に伴う責任に関する一考察
      ――日本法、アメリカ法との比較を通じて」
  SBI大学院大学准教授 盧 暁斐
ウ「会社における当事者自治の可能性と限界
      ――ドイツにおける人的結びつきの強い会社を中心として」
  北海道大学准教授 三宅 新
エ「金融機関の融資局面における情報提供義務
      ――社債管理者の抱える複数義務の衝突・利益相反的
         局面への対応」
  日本大学准教授 鬼頭 俊泰
(4)第4部会(商法・民法混合部会)
ア「株主総会決議の積極的確認」
  近畿大学教授 藤嶋 肇
イ「合併差止めの要件の検討――ドイツ法の展開から」
  立命館大学准教授 木原 彩夏
ウ「会社法三五〇条の制度趣旨に関する一考察」
  熊本大学准教授 木 康衣
エ「準共有株式についての権利の行使に関する規律」
  大阪市立大学准教授 仲 卓真
オ「日仏の比較からみた暗号資産の法的位置づけ」
  西南学院大学准教授 原 謙一
カ「共同担保概念の民法上の意義
      ――フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる
         議論を通じた考察」
  神戸大学准教授 瀬戸口 祐基
II 日本私法学会シンポジウム
(1)「転換期の民法・消費者法」(10月10日 9時00分〜12時00分)
司会者 早稲田大学教授 山野目 章夫
  慶應義塾大学教授 鹿野 菜穂子
報告者
企画の趣旨 早稲田大学教授 後藤 巻則
1 人と消費者
  ――消費者の個別化・集団化の進展と民法
早稲田大学教授 後藤 巻則
2 契約締結過程の規律と消費者法
  ──誤認型不当勧誘を中心に
立教大学教授 原田 昌和
3 契約当事者の判断能力と消費者法 早稲田大学教授 山城 一真
4 取引の「定型化」と民法・消費者法の役割
  ――「定型取引」概念導入後の
     契約内容規制
法政大学教授 大澤 彩
5 民法・消費者法における契約
 責任の現代的課題
 ――取引の情報化を受けて
早稲田大学教授 三枝 健治
6 各種契約の方式要件の変容と
 消費者法における書面の意義
東京大学教授 石川 博康
コメンテーター 学習院大学教授 大村 敦志
弁護士 辰巳 裕規
(2)「担保法の現代的課題――新たな担保法制の構想に向けて」
   (10月10日 14時00分〜17時00分)
司会者 立命館大学教授 松岡 久和
報告者
本シンポジウムの企画趣旨 慶應義塾大学教授 田 寛貴
1 岐路に立つ日本の動産担保法制 立教大学教授 藤澤 治奈
2 債権担保法制の立法に向けた検討課題 早稲田大学教授 白石 大
3 担保の期中管理
  ――担保価値維持義務の経済学的
     基礎付けとその分析を中心として
京都大学准教授 西内 康人
4 普通預金の担保化に関する検討課題 京都大学准教授 和田 勝行
5 所有権留保の立法的課題 東京大学教授 水津 太郎
6 動産・債権担保法制と倒産手続 法政大学教授 杉本 和士
7 事業収益の担保化に向けた課題と
 新たな担保法の体系
慶應義塾大学教授 田 寛貴
コメンテーター 早稲田大学教授 中田 裕康
弁護士 井上 聡
(3)「『機関設計』に関する規律の再検討」
   (10月10日 9時00分〜12時00分)
司会者 中央大学教授 野村 修也
報告者    
1 機関設計
  ――現行法の整理と問題提起
中央大学教授 野村 修也
2 私会社を原則として規律する
 イギリス法の現状と課題
中央大学准教授 宮本 航平
3 ドイツの株式会社法制とモニタリングモデル 中央大学教授 小宮 毅
4 内部統制の高度化と機関設計 東京大学教授 松井 智予
5 指名委員会等設置会社の検証
  ――モニタリングモデルを志向する
     機関として適切か
弁護士 邉 英基
III 日本私法学会ミニシンポジウム
「保険法施行10年――理論的課題と展望」
(10月10日 14時00分〜17時00分)
司会者 青山学院大学教授 山下 典孝
報告者
1 本企画の趣旨説明等 青山学院大学教授 山下 典孝
2 民法改正の保険契約への影響
  ――無催告失効条項、継続保険契約の質権設定、
     配偶者居住権の被保険利益について
立命館大学教授 竹M 修
3 保険契約の類型論と規律の性質 立命館大学教授 村田 敏一
4 傷害保険契約における傷害概念と
 免責条項をめぐる諸問題
  ――偶然性と外来性の立証責任を中心に
京都大学教授 山下 徹哉
5 実務家から見た保険法解釈の問題 弁護士 嶋寺 基
コメンテーター 同志社大学教授 山下 友信
IV 総会(10月10日 12時30分〜13時30分)
ページの先頭へ
最新の大会
過去の大会
個別報告関係資料