日本私法学会 Japan Association of Private Law
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 本学会の概要 活動・大会 出版物 手続・会費
活動・大会
ホーム 活動・大会 過去の大会 2004年度
日本私法学会第68回(2004年度)大会のお知らせ
日本私法学会第68回(2004年度)大会は、下記のとおり開催されることになりましたので、お知らせいたします。
期日:2004年10月10日(日)・11日(月)
場所:上智大学法学部(〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1)
大会次第
I 第1日 研究報告・ワークショップ
(1)シンポジウム「信託法と民商法の交錯」(10月10日、午前9時半〜午後5時)
司会 京都大学教授
神戸大学教授
佐久間 毅
行澤 一人
報告    
1 はじめに
2 財産―人と財産との関係から見た信託
3 組織―信託の基礎的変更を素材として
4 責任―有限責任と不法行為責任・工作物責任
5 救済―受託者の「利益の吐き出し」責任について
6 行為―帰属メカニズムについて
東京大学教授
京都大学教授
東京大学教授
筑波大学教授
学習院大学教授
東京大学教授
道垣内 弘人
横山 美夏
神作 裕之
弥永 真生
沖野 眞已
道垣内 弘人
*各報告については、NBL791号をご参照下さい
(2)シンポジウム「国際会社法」(10月10日、午前9時半〜午後5時)
報告    
1 総論
2 国際会社法をめぐる実務上の諸問題
3 会社法の抵触法的分析
4 企業組織の国際的再編
5 国際的な結合企業関係
東京大学教授
弁護士
立教大学助教授
名古屋大学助教授
東京大学教授
落合 誠一
武井 一浩
早川 吉尚
中東 正文
藤田 友敬
コメンテーター 京都大学教授
学習院大学教授
前田 雅弘
神前 禎
*各報告については、NBL791号をご参照下さい
II 研究報告(10月11日、午前10時〜午後5時5分)
(1)第一部会
ア 「民法第四二三条の一身専属権について」
  香川大学助教授 辻上 佳輝
イ 「民法と行政法の相互補完の可能性―環境法における議論を起点として」
  近畿大学専任講師 宮澤 俊昭
ウ 「可分債権は遺産分割手続上いかに取り扱われるべきか」
  東洋大学教授 岡部 喜代子
エ 「親権者による財産管理権の濫用的行使の規制」
  山形大学講師 合田 篤子
(2)第二部会
ア 「賠償責任の割合的軽減と公平の理念―被害者の自殺事例を手がかりにして」
  三重大学助教授 石橋 秀起
イ 「不動産以外の財産に対する抵当権の効力
―フランス実体法及び手続法に おける債権に対する効力拡張制度を参考として」
  大阪市立大学助教授 高橋 智也
ウ 「対価の縮減の法理について―ドイツ法を参考にして」
  立教大学助教授 原田 昌和
エ 「併存的債務引受に関する一考察―ドイツにおける類型論を素材として」
  獨協大学助教授 遠藤 研一郎
(3)第三部会
ア 「ドイツ株式法における利用権の現物出資」
  福岡大学専任講師 久保 寛展
イ 「企業組織再編と会社法による債権者の保護」
  東北大学助教授 松井 智予
ウ 「社外取締役の監視義務と法的責任」
  駒澤大学助教授 川口 幸美
エ 「契約関係における情報提供義務−『契約上の債務』としての再構築」
  静岡大学専任講師 宮下 修一
(4)第四部会
ア 「保険契約における損害防止義務
―保険市場に内在するモラル・ハザード防止機能という観点から」
  近畿大学助教授 野口 夕子
イ 「証券発行市場の法制度論―アメリカ法における実体的規制を中心に」
  國學院大学専任講師 若林 泰伸
ウ 「支配株式の取得規制と敵対的企業買収への防御策」
  名古屋商科大学専任講師 家田 崇
エ 「ビジネス・トラストの制度化とその進展」
  近畿大学専任講師 工藤 聡一
III ワークショップ(10月11日、Bについては総会終了後〜、A、Cについては午後1時〜)
A テーマ「包括根保証」
担当者・報告者・司会者 学習院大学教授 野村 豊弘
B テーマ「コーポレート・ガバナンスと法の役割」
担当者・報告者 一橋大学教授 野田 博
司会者
成蹊大学教授 宍戸 善一
コメンテーター 中央大学教授 大杉 謙一
C テーマ「事業再生ファイナンスの法律問題」
担当者・報告者 中央大学教授 野村 修也
司会者
東京大学教授 岩原 紳作
IV 拡大ワークショップ(10月11日、午後1時〜3時)
テーマ「人事訴訟法の制定と家庭裁判所・家族法」
担当者・司会者・コメンテーター 東京大学 高田 裕成
報告者
早稲田大学 梶村 太市
コメンテーター 東北大学 水野 紀子
V 総会(10月11日、午後12時〜12時30分)
ページの先頭へ
最新の大会
過去の大会
個別報告関係資料